• avenirdesign

両親への手紙|レタームービー(サンクスムービー) 感動が伝わる必須チェック項目とは?



最近、レタームービー(サンクスムービー)を披露宴の最後に上映する新郎新婦さんが多くなってきたように思えます。

結婚式では定番のイベントである「両親への手紙」です。色々な意見や考え方もありますので、どっちがいいのかというのはありませんが、どのような内容にするか、長さや曲などを結婚式のプロデューサーとしての立場でお話しようと思います。

<目次>

  • レタームービー(サンクスムービー)って何?

  • 手紙を読まないでムービーを上映する理由

  • 文章の書き方(文字の表示秒数に注意)

  • お勧めの曲、上映する映像の長さについて

  • 自分でレタームービー(サンクスムービー)を作る方法

  • 映像業者に依頼してみる

  • まとめ

結婚式映像に関する参考過去記事まとめ

  • 絶対に後悔したくない!カメラマンが教える結婚式ビデオ・映像業者の選び方

  • 福岡,熊本花嫁さんへ贈る,絶賛されるエンドロールの選び方徹底解説!

  • 両親への手紙|レタームービー(サンクスムービー) 感動が伝わる必須チェック項目とは?

  • ゲストも絶賛!二人らしいオープニングムービーの選び方

1. レタームービー(サンクスムービー)って何?

披露宴終盤にある演出の定番である「両親への手紙」を、映像で上映して伝える演出のことです。

言葉の意味だけでいうとビデオレターも同じ分野に入りますが、この場(現在の結婚式)では両親への感謝の手紙、メッセージを映像で上映する「ムービー」として使用します。

レタームービーを上映することで感謝の気持ちや言葉にできない想いを伝える演出です。

近年、花嫁さんの間で人気がでてきています。インスタグラムでも#レタームービー、#サンクスムービーというハッシュタグがあります。現在はサンクスムービーという呼び方の方が多いようです。

「両親へのお手紙を読む演出はせずに、ムービーで流したい。」

花嫁さん達が手紙を読まずに、ムービーで上映することを選ばれてるのかも理由があるようです。

2. 手紙を読まないでムービーを上映する理由

花嫁さんがレタームービー(サンクスムービー)を選ばれる理由が次の項目です。

  • ゲストの前で手紙を読むのが恥ずかしい。

  • そもそも両親への手紙なのに、ゲストの前で読み上げることに抵抗がある。

  • 前日に直接渡している。でも、演出としては何もないよりあった方が良いから。

  • 感動シーンをあえて作っているようで、不自然な演出に思える。

  • 友人の結婚式では、ゲストも多くて、話し声も聞こえて感動できなかった。

  • 私(花嫁さん)の場合、泣くと喋れなくなるから。

  • 泣いて化粧が崩れるのが嫌だから。

というように、ゲストの前で読み上げることに疑問に思っている花嫁さんもいらっしゃいますが、私たちへの依頼があった花嫁さんの理由で一番多かったのが「恥ずかしい上に、絶対に泣いてしまうのでお化粧が心配」という花嫁さんの意見が多かったです。

3. 文章の書き方(文字の表示秒数に注意)

お手紙を読むのとムービーで上映する時の注意点があります。

それは、ムービーで表示するメッセージの長さと表示秒数の関係です。

映画の字幕では、人間の文字を認識するスピードを意識して表示秒数、文章の長さを決めているのはご存知ですか?このレタームービー(サンクスムービー)でも同じことが言えます。

せっかくメッセージが画面に表示されても、読み終えずに次の画面に進んでしまうと、「ん?今なんて書いてあったかな?」と感情移入ができずに終わってしまいます。

そんなことにならない為にも、一つの画面に出てくるメッセージは一行から二行程度にすることをお勧めします。

文字数が一画面に多いと読むのも時間がかかります。


この文章を読むのに何秒かかりましたか?ゆっくり読むと10秒は必要ですよね。

映像の構成としてのお話ですが「同じ映像(文章や場面)」を10秒以上表示させるのはあまりお勧めできません。

それよりも、曲のリズムや歌詞の歌いだしに合わせてメッセージや画面を切り替えてあげると、より伝わりやすくなります。

次の場合はどうでしょうか?

文章画面①


文章画面②


文章画面③


このように分けてあげると読みやすく、メッセージがきちんと伝わってきます。

メッセージ性の強い映像を作る場合は、次のことをお勧めしています。

  • メッセージ画面は、黒背景に白文字で作る。

  • 写真と同じ画面に表示する場合は、文字の色をはっきりさせる。

  • メッセージ画面と写真、動画の場面をわざと分ける。

理由としては、披露宴会場で上映するのが大前提ですので、スクリーンで見やすくなる編集を優先して行います。また、出来上がった映像を披露宴会場で試写した場合に、自宅のパソコンやテレビで見る時と若干見た目が変わることもあるからです。

  • 遠い位置からスクリーンを見ることになるかもしれない。

  • 会場によっては、真っ暗にせずに少し明かりが付いていることもあるので、明るい画面だと見にくくなることがある。

  • 4:3のスクリーン比率の式場の場合、文字の位置を気をつけないと画面途中から切れてしまうこともある。プロジェクター設定とスクリーンの問題です。

  • コントラスト(色や明るさの強み)が強めに設定されていて、パソコンでの見た目と違うこともある。プロジェクター側の設定の問題です。

せっかくのレタームービー(サンクスムービー)ですから、しっかりと伝わる文章表現にすることを心がけてみてください。きっと想いが会場全体に伝わる素晴らしい演出になるはずです。

4, お勧めの曲、上映する映像の長さについて

感動のシーンなので、落ちついた曲を選ぶことをお勧めします。

その中でも両親への感謝の曲や定番の曲まで一部ご紹介させて頂きますので参考にしてみてください。

藤田麻衣子 手紙 ~愛するあなたへ~


出典元:YouTubeより http://youtu.be/R0pu-mJPSpI

名曲ですね。歌詞と一緒に聞いているだけで涙がでそうになります。

絢香 ありがとうの輪


出典元:YouTubeより http://youtu.be/NUWRl5d2NAw

エンドロールにも人気のある綾香のありがとうの輪。結婚式には多く使われています。

大橋卓弥 ありがとう


出典元:YouTubeより http://youtu.be/pEZQ_IwvK2M

プロフィールムービーにも人気のあるこの曲。歌詞にぜひ注目してみてください。

母のうた  吉田山田


出典元:YouTubeより http://youtu.be/bKoPMzp_Zqw

心が温かくなる歌詞や曲が多いと感じるのは私だけじゃないはず。プロフィールビデオにも吉田山田の多くの曲が使われていますね。

クリス・ハート - あなたへ


出典元:YouTubeより http://youtu.be/NKgaz9RX39s

親子愛がテーマな「あなたへ」花束贈呈のシーンでも多く使用されているようです。

■ムービーを上映する長さについて

上記のお勧めの曲でも、全部曲の長さを使用すると少し映像自体が長めになってしまうこともあります。

手紙の文章内容に大きく左右されますが、3分程度がベスト。長くても5分以内には終わるようにしましょう。


出典元:YouTubeより https://youtu.be/TBIPsc08OPM


出典元:YouTubeより ウェディングムービーシュシュhttps://youtu.be/mY83uolEGzY

5.自分でレタームービー(サンクスムービー)を作る方法

自作する為に必要なもの、確認すべきこと。

  • パソコン

  • 編集ソフト

  • 素材(手紙、曲、写真など)

  • DVDを作成するソフト(編集ソフトでできる場合もあり)

  • DVD-R

  • 披露宴会場のプロジェクター画面比率(4:3もしくは16:9)

  • 音源使用についての式場注意事項を確認

パソコンで使用するお勧めソフト。

Windowsであればムービーメーカー。MacであればiMovie。どこにでも書いてある内容ですが、王道です。このソフトは無料で使用できます。

おおまかな映像の流れは感覚的に編集できますので、すぐできるはずです。

あとは、音楽に合わせたり、コメントの秒数などを調整していきます。

基本的な編集作業として、

画像を挿入して、文章を入力する。表示秒数を調整する。曲を入れる。これだけです。

今はスマホアプリでも作ることはできますが、式場で上映するにはDVDにしないといけません。

せっかくスマホで作っても、DVDにしないと上映できませんので無駄にならないようアプリの準備やデータ移行などをする必要があります。パソコンをお持ちなら、最初からパソコンで作った方が余計な手間もかからず出来上がるのも早いです。

さまさまな使い方講座や情報もインターネットに紹介されています。

6.映像業者に依頼してみる

ここまで読んでいただいた方の中には「いやいや、自分じゃ無理...。」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時はウェディング映像制作会社へ依頼する選択肢があります。

自作で時間と手間を優先するか、多少の出費でもプロに頼むかはお二人のお考え方次第です。

ウェディング映像制作会社へ依頼する最大のメリットは「注文するだけ」で後は編集してくれますので、その分の時間を他のことに費やすことができます。

あとの細かな微調整は映像会社の体制によって変わってきます。

例えば、手直しや曲に合わせて作ってくれてたけど少しイメージと違った場合。

無料で対応できるところもあれば、◯回目の修正依頼からは有料オプション。といった具合です。

取り扱っていないこともありますが、基本的にプロフィールムービーなどと編集の仕方は似ていますのでできないことはありません。

参考記事:"絶対に後悔したくない!カメラマンが教える結婚式ビデオ・映像業者の選び方"

まとめ

レタームービー(サンクスムービー)は、両親へ感謝の気持ちを伝える映像演出です。

  • 小さい頃の思い出。

  • 大人になって気付いた大切なこと。

  • いままで育ててくれた親への想い。

  • 家族という絆を大切にすること。

  • 親孝行できる時間は限られていること。

  • 普段は言えない感謝の言葉。

このような思いで手紙を書くと、あなたの想いはご両親へ伝わると思います。

あと、必ず手紙やDVDはご両親の手元へ届けましょう。

きっと大切な宝物として、大事にしまっていてくれると思います。


#映像 #レタームービー #結婚式

0回の閲覧
  • Instagram_Icon_Largea
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • imgres-1
  • Facebook Social Icon

@2018AvenirDesign